おすすめのインターネット回線を管理人がまとめました
光回線やwifiモバイルルーター、格安SIMなど、インターネット回線は多様化しています。光回線にも色々な契約内容があり、wifiモバイルルーターにもWiMAXとワイモバイル(ポケットwifi)があり、それぞれ特徴があります。料金形態に関しても、割引形態が複雑で、パッと見ただけではどれが自分に適しているのか、どれがおすすめなのかわからないのが現状です。当サイトでは、それぞれのインターネット回線のメリットとデメリットを明確にしながら、おすすめのインターネット回線をランキング形式でご紹介します。

インターネット選びで失敗しないコツ

ポイント1. 2018年は光回線かwifiモバイルルーターの2択!

ご自身に最適のインターネット回線をお探しなら、まずはどの通信方法と契約するか決定しましょう。当サイトのおすすめは、光回線wifiモバイルルーターです

その他には、ADSLやケーブルテレビのインターネットなど、色々ありますが、ADSLは今やwifiモバイルルーターの方がスピードが速く、そのわりに料金が高くて、導入と撤去の工事のわずらわしさがあるというデメリットがあります。ケーブルテレビは、要はテレビとネットのパックなので、ケーブルテレビが提供する番組に興味がなければ、料金がかさむだけです

つまり選択肢としては、光回線とwifiモバイルルーターの2択で考えていいでしょう。

光回線は、月額相場が6,000円前後で自宅利用のみとなり、通信速度と電波の安定度が最強です。ただし、工事が必要で導入までに時間がかかるのと、賃貸の退去時には撤去工事が必要なことがデメリットとして挙げられます

wifiモバイルルーターは、月額相場が3,000円~4,500円くらいで、家でも外出先でも利用できる手軽さがメリットです。しかし、wifiモバイルルーターは容量制限(速度制限)があり、動画など大容量の通信には注意が必要です。また、電波も不安定な時があります

まとめると

動画をバンバン落としたい方 ⇒ 光回線がおすすめ
通信が不安定なのが嫌な方 ⇒ 光回線がおすすめ

なります。

ポイント2⇒光回線ならスマホのキャリアと合わせるのがおすすめ!

光回線のメリットは、スピードが速い、通信が安定している、といった点が挙げられますが、デメリットとしては、料金が高い事と、自宅でしか利用できないこと、工事が必要といった点が挙げられます。

光回線のスピードはどんどん上がっており、大容量動画のダウンロードは圧倒的に早いです。また、光回線の電波をwifiで飛ばし、自宅でのスマホ通信はwifi接続するということもできます(モデムは別途必要)。そうすることでスマートフォンの定額プランを抑えることもできますし、光回線のキャリアとスマホのキャリアを合わせることで割引もあります。自宅でのインターネット通信は安定して利用したい、容量制限を気にせず通信したい方は、光回線が良いでしょう。

光回線にすると決めた場合

光回線にすると決めた場合は、どの会社と契約するか、これが重要です。品質は会社毎にそんなに変わりありません。ですが、代理店によって料金は様々で、それぞれの販売ページに色々安くなりそうなことが書いてあったりしますが、高額キャッシュバックと言いながら月額料金が相場より高かったり、オプション加入が必須になっていたり、といった業者が含まれているのも事実です。光回線は仕組みが非常に複雑なので、こういったことから、信用できるところで契約するのが大切です

当サイトは、信用できる代理店を厳選してお伝えします。

KDDIやNTTから表彰されている会社や、キャッシュバックが受け取りやすい代理店ばかりです。

光回線のプランは、基本的に

「光回線基本使用料(5,000円前後)+工事費の月割(1000円前後)」

となり、大体月額6,000円くらい必要です。プロバイダー料やモデムレンタル代は、今はすべて基本使用料に含まれています。この相場より大幅に安い場合は、何か裏があると考えた方がいいでしょう。

auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光など、どのキャリアの光回線にするか?に関しては、ご自身のスマートフォンのキャリアと合わせることをお勧めします。そうすることで、スマートフォンやガラケーの月額料金が割引されます

ポイント3.wifiモバイルルーターはWiMAXかワイモバイルの2択!ポイントはLTE機能と容量制限!

wifiモバイルルーターのメリットは、持ち運びが可能な点と、比較的安い料金で利用できる点が挙げられますwifiモバイルルーターのデメリットは、通信の不安定さ、光回線と比較するとスピードが遅い点が挙げられます

通信の不安定さに関しては、日本全国エリア的な意味合い・屋内的な意味合い、両方あり、利用する場所によって異なりますが、以前よりだいぶん改善されています。LTE機能を搭載したwifiモバイルルーターなら、エリアで困ることは、今やほぼないでしょう

スピードに関しては、広告の全面に出ているような最大スピードは到底出ないものの、以前に比べるとかなり早くなっています。通常のインターネット通信やYouTube、インターネットテレビを閲覧するくらいなら、ある程度電波が届いていれば、スピード的には問題ないでしょう。

wifiモバイルルーターにすると決めた場合

wifiモバイルルーターにすると決めた場合は、WiMAX(ワイマックス)かワイモバイル(ポケットwifi)の2択です。ポイントはLTE機能と容量制限

LTE機能とは、携帯電話の電波も利用して通信できる機能のことを指し、LTE機能が搭載されている端末は電波が圧倒的に良いです。電波が良いという事は、通信速度も速くなるということです。

ワイモバイルにはLTE機能が標準搭載(常時LTE接続で無料)で、WiMAXのLTEはオプションとなっており、WiMAXのLTEを利用するには月額1,005円(税抜)がプラスで必要となります

ただし、ワイモバイルは容量制限が1か月7GBと厳しいのに対し、WiMAXは3日10GBの制限はあるものの、1か月の制限はありません

電波重視で選ぶ ⇒ ワイモバイルがおすすめ
制限が緩い重視で選ぶ ⇒ WiMAXがおすすめ

となります。